×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

不動産収益シミュレーションの使い方

 不動産をローンで購入し、賃貸収入でローンを支払うのが不動産投資の基本戦略。不動産収益シミュレーションでは、ローン支払額と賃貸収入のバランスが計算できます。

 ローン支払額は、”ローン利率”の上昇に伴い上がります。一方、”返済期間”を延ばすことで下がります。

 また、物件の条件を考える上で、利回りは重要です。利回りが高ければ家賃が高く、利回りが低ければ家賃は低くなります。物件価格は、時間と共に価値が大きく低下しますが、賃貸料はあまり変わりません。よって、新築は低め、中古は高めになりますが、平均的には4%〜10%の間です。

■ 不動産収益シミュレーション

    物件の購入額* 円のうち
    頭金(円)* 円支払い、残りをローンにします。
    ローンの利率(年)* %(固定)で
    返済期間を* 年とします。
    物件想定利回りを* %とします。
    1回の支払額は 円になります。
    1回の賃貸収入は 円になります。
    月々の収益は 円になります。
  • 物件購入額・・・物件の購入価格。
  • 頭金・・・最初に支払う金額。多ければローン支払額は少なくなります。
  • 利率・・・ローン利率。高ければローン支払額は多くなります。
  • 返済期間・・・ローン支払いの期間。長ければローン支払額は少なくなります。
  • 物件想定利回り・・・物件の購入額に対する不動産所得の割合。通常は4〜10%。

テストテスト